lead an easy life*

ミニシュナのぼぅちゃん&ふぅふぅと桜花の日々徒然
MENU

健康診断 結果

3月31日 おふたりさんの健康診断結果メモ

ふぅふぅさん◆

ふぅふぅさん結果


結果としては問題なし
エコーもレントゲンもとても綺麗で内臓には一切不安なし
血液検査でGPT数値が292と正常値(17~78)よりかなり高いけど
ALP、総コレステロールは正常値なので食べ物等が原因かも?とのことで
おやつ、減らしてみてくださいと言われた

ふぅふぅさん、一日に一度のおやつ楽しみなんだよね~
困ったね( ´艸`)ムププ


しかし、さすがふぅうぅさん!
ほんと、内臓はめっちゃすっきりとして綺麗だった!!
今年もほぼ花丸だね^^


では、我が家の問題児w
ぼぅちゃん


ぼぅちゃん結果


エコー、レントゲンともに問題個所なし
内臓の状態も良し
血液検査で貧血がみられるけど、これは歯からきてるものかも?
ぼぅちゃんの5本しかない歯、そのうち貴重な奥歯1本と上犬歯はダメみたい)
BUNは29.8と正常値(9.2~29.2)よりわずかに高い
ALP275で正常値(47~254)より多少高め
しかし、総コレステロールは正常値内なので問題はないでしょうとのこと

ここで気になる貧血の数値と腎臓の数値(BUN)
これについては再検査

貧血数値→甲状腺ホルモンの疑いもあるので検査してみる
腎臓→さらに詳しく検査してみる

で、とりあえず歯の痛みがあるぼぅちゃんなのでお薬(痛み止め、抗生剤)を服用
一週間後に再度診察
問題の歯については、歯肉の状態もよくなく、くしゃみ・鼻水もあるから
お薬で緩和治療をするか、もしくは根本的な治療・抜歯をするかの二者択一
先生の判断は内臓の状態からも麻酔はまず問題ないであろうと・・・
が、どうするかよくご検討下さいとのこと


検討しても、検討しても、答えが見つからず・・・
だって、今年15歳になるんだよ~怖いよ~(-_-;)
麻酔、大丈夫かなぁ・・・と不安でいっぱい
緩和治療を選ぶとしても、残りの犬生を痛みと付き合うのもどんなものか・・・


不安を払拭するためにも、3年前にぼぅちゃんの治療をしていただいた先生に診てもらうことにした
今は独立し開業されているので事情を話し診て頂くと、
結果としては抜歯をすすめられた
そのためにも、再度の検査結果をみてベストな状態にもっていくのは勿論の事
ただし、今の検査の状態でも特に麻酔に対する不安材料はないとの付け加え


はい、これで2人の先生からお墨付きをいただきました


それでも、それでも不安は消えないんだけどね(困)




検査から一週間後に再度診察
前回とは別の先生が診察だったんだけど、こちらの先生もおそらく(ってか、95%とキッパリ)大丈夫と言われて
3人の先生がそうおっしゃるならばここは腹をくくるか!

で、まずは再度の検査


甲状腺は・・・・・
はい、ヒットしてしまいました(-_-;)
甲状腺機能低下症

こちら、電話で結果をお聞きしたので数値など詳しくはわからず
まず、一カ月お薬服用後再度検査をし数値の改善を目指しましょう
抜歯についてはその後ということで考えましょう

腎臓(クレアチニンの検査)については問題なかったので一安心
ただし、年齢も年齢なので二か月に一回のペースで検査をする



で、昨日(21日)夕方に病院へ甲状腺のお薬をもらいに行ってきた
先生は手術中だったのでお話はまた後日・・・
甲状腺のお薬(一カ月分)と現在服用中の抗生剤をいただき、一週間後に再度抗生剤をもらいに行く

甲状腺のお薬は一日一回、0.06ml
ボトルからシリンジで計るんだけど
これ、結構大変だ~(・・;)



がんばろうね~ぼぅちゃん!!!





で、その後にまた抜歯が待ってるから体力もつけようね!!!!!



ガンバ━━━o(・`ω´・)○))━━━ ル!!!




該当の記事は見つかりませんでした。