lead an easy life*

ミニシュナのぼぅちゃん&ふぅふぅと桜花の日々徒然
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオとライコの日

6月12日 ライコの命日、8月4日 レオの命日
今年も、おやつとごはん、ミルクなど喜びそうなお供えを持ってお参りに
食いしん坊でなんでも食べたいのに、お腹が弱くて食べれらなかったレオ
お供えだったらお腹も大丈夫でしょ~
逆にお腹丈夫でなんでもバクバク食べてたライコ
レオの分まで食べてるかも!


ふたりがいたのはもうずーっと昔だから(レオ1992年生まれ、ライコ1993年生まれ)
今みたいにおやつやグッズが簡単に手に入らなかったなぁ・・・
まぁ、田舎だってこともあるんだろうけど (^_^;)

お誕生日にジャーキーあげたらすっごく大喜びで、目がキラキラしてたけど
翌日お腹ピーピーになったレオ
おかげでお祝いの日でもいつものフード以外口にすることはなく・・・
でも、夏の暑い時だけは冷奴やキャベツ、そうめん、かき氷なんかあげてた
どうせ暑いとお腹緩くなってたし、それなら好きなもの食べさせてあげようって(^^)
喜んでたおっきな口でバクバクたべてたな~

ライコはなんでも食べれて幸せ者だったけど、なぜかバナナが大嫌いで
匂いすら顔をそむけて嫌がってた
美味しいのにねェ

今思えば、一緒に過ごしたのはほんの短い時間であっという間だったけど
思い返す事はいろいろとあり、幸せな時間だったと思える
レオとライコも同じだろうかと思いながらお盆を迎える

仲良く一緒に帰っておいでよ!!
(ヾ(´▽`)ノ オカエリィ・。゚.☆





スポンサーサイト

ライアの命日参り

6月12日はライコ(本名:ライア)の命日なので、ちょっと遅れて14日にお参りに行きました
ごはんとおやつ、ワンコ用栄養ドリンクをお供えしてきました
お参りの際は、レオ用とライコ用にそれぞれ同じものを買っていきます
でないと、きっと取り合いのケンカになってしまうから(笑)

もう、ぼぅちゃんがライコの歳を越してしまいました
そう思うと、なんて短い生涯だったんだろう・・・
でも、短くとも濃い犬生だったと思います!
とにかく朗らかなワンコで、なにをやってもおまぬけで、ライコを見てると笑顔になる日々でした
どこからどう見てもハスキーっぽくなく、とうとう立派なハスキーの姿にはなれなかった(^^;

ライコの最後の時、レオが遠吠えした事を今でも思い出します
レオはとっても無口で、遠吠えなんかしたことがなかったんだけど、
ライコの別れの時を感じ取ったのでしょうネ
一緒に暮らしてたんだもんね、レオも悲しかったんだよね

今度は長生きできるワンコになって帰っておいで!って言い聞かせてきました(笑)

ライコが生きていた年数分、時が流れました
早いものですね
ライコとレオ、もう長いこと会ってないね
写真も古ぼけてきちゃいました

明日は・・・

6月12日はライコの命日です
もう7年!
早いもんだ

7歳8ヶ月でこの世を去ったライちゃん
ぼぅちゃんが8月のお誕生日で7歳になるよ
7年ってこんなに短い月日なんだよね

でも、短いって感じないほどライコの思い出いっぱいあるよ!
今頃はレオと一緒に楽しく過ごしているのか
それとも、お友達ワンコと仲良くしてるのかな?

7年前の6月12日はとってもお天気のいい日だったね
おかあさんの出勤時刻がライコとの最後の時間だったね

そうそう、
そういえばライコの本当の名前「ライア」って一度も呼んだことがない気がするよ
でもさ、
ライコの方が可愛くていいよね~(*^▽^*)

レオの命日

今日8月4日はレオの命日です

ライアが6月に亡くなってから、バタバタと弱ってしまい寝たきりになっていました
トイレも自らする事はなくなり、それでも小さな頃のトイレトレーニングを覚えていたのか「レーちゃん、シッコは?シー、シー」と声をかけると、ジョロジョロとしていました
ただゴロンと横たわり、ご飯を食べる事もなく、ドンドン痩せていったレオ
散歩とご飯が一番の楽しみだったのに、なんの楽しみもなくなりどんなに辛かった事でしょうか

人も動物も自然の摂理でこの世を去るときが必ずやってくる
もしも、仕事に行っている時に一人でこの世を去ることになったらどうしようか・・・
もう長くはないだろうと覚悟はしていたけれど、やはり別れは心が裂けるような深い悲しみに襲われます

5年前の8月4日は日曜日でした
その最後を看取ってやる事ができただけ、レオは幸せだったかもしれないと思います
とっても甘えん坊でわがままな寂しがりやでした
今頃、みんなと仲良く遊べてるのかな?
わがままいって困らせてないかな?
ライコと一緒にいるかな?
もうすぐお盆になるからね
ちゃんと迷わずに帰っておいでね(^-^)
レオ

ライコの思い出

今日はハスキーのライアの思い出を書いてみようと思います

ハスキーって寡黙なワンコなんですよね
最初に我が家にやってきたレオが初めて「ワン」って言ったのは3日ほどたってからでした
初めて声を聞いて嬉しかったなぁ♪
「ワン」っていうより「ワォン」って感じでしたが(^-^)

ライコが我が家にやって来たときは、最初っからキャンキャンの連続!
本当にハスキー?って思うくらい「キャンキャン」と甲高い声(^^;)
ハスキーってハスキーな声で啼くからハスキーと名付けられたそうですね・・だったら、やっぱりハスキーじゃないよ~(⌒o⌒;A
見た目はハスキーなんだけどなぁ
もしかしたら仔犬の時だけ甲高い声してるのかもしれない。。とかも思いましたが、この声は生涯続きました
初代キャンキャン娘です(今は風がキャンキャン娘を立派に継いでます!)

まぁ、とにかく一日中大騒ぎしてるような子でした
でもすっごくテンネンさんでお笑い系(笑)
怒るとちゃんと謝るし。。
昔お猿の次郎君が反省ってしてましたよねぇ 知ってますか?
全く同じ事をするんですよ
「ライちゃん!またこんな悪い事をして!!」って怒ってると、すっと右手を差し出してくるんです
で、その手を握るまでず~っと待ってるんですよ
しょうがないから握ると、許してもらえたと思ってとたんに悪さをする(_ _;)... 

なんとも憎めない子でした♪
ライコのおかげで随分と笑えたし、かけがえのない存在でした
会えなくなってもう5年です
今は静かな山の中にいます
山に眠る


今日、6月12日はライコの命日なのでお参りに行ってきました
ライコとレオにおやつ持って・・
おやついっぱい、嬉しいなぁ♪


きっと今頃は二人でおやつの取り合いしてるかもしれないなぁ(笑)

レオとの別れの日

ハスキー犬のレオが亡くなって今日で4年
一緒にいたライアが6月に亡くなり、その直後から元気をなくした
共に過ごした喧嘩相手がいなくなりはりあいを失くしてしまったのか。。。
7月中頃から食事も欲しがらなくなった
段々と動くこともできなくなり、7月末より寝たきりになってしまった
それでも、毎朝毎夕「レーちゃん、おしっこしようか」と声をかけると必死で体を起こしおしっこをしていた
夏を乗り切れば、涼しくなれば体力が戻るのではないかと期待していたけれど、8月4日9歳で別れを告げる事になった

もう13年も前の事、テレビで見たハスキーの姿に惹かれ、どうしてもハスキーが飼いたいとダダをこね、家族の了解を得てペットショップへ向かった
時はハスキーブーム真っ只中、ショップ内は可愛いハスキーベビー達ばかり
その中でお昼寝に夢中のレオと出会った
私に気付くとむくっと起き上がり、傍まで寄って来て又コテンと寝てしまった
そんな姿が可愛くレオに一目惚れだった
共に過ごした9年間、沢山の思い出を残してくれた
レオに救われた事は数え切れないほど。。。
可愛いレーちゃん、すっごく気弱でそれゆえに知らない人には警戒してウゥーと唸ってしまう
本当はのんびりとした優しい性格だったのに、噛みつきそうだとか怖いとか言われる事が多かった

果たしてレオの生涯はどうだったのだろう
私と出会った事を幸せに思ってくれたのだろうか
最後の時、レオは私に語りかけてくれました
大きな呼吸の音に最後が近い事を感じ、レオの傍にいた私に動かないはずの体を起こし2,3歩足を動かしフラフラとしながら私の顔を見つめていた
その時きっと「お母さん、幸せだったよ。ありがとう」と言ってくれたように思える
その後バタンと倒れ動かなくなった
出会いと別れ、思えば同じシーンだった
ただ違うのはとても悲しかったこと
出会いは感動で、嬉しさで涙がでたけど別れは辛さと悲しさとで涙が止まらなかった

あれから4年、きっと今頃は元気に遊び回っているのだろう
8月4日はレオの命日だけど、8月5日は海の誕生日
きっと悲しんでいる私を見て、生まれ出る命に自分の魂を重ねたのではないか。。。
家族を愛し、家族だけをみつめてきたレオとの最後の日を忘れる事は出来ません

レオです

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。